私たちにできること

誰にも相談できない人事・労務の相談相手となります。

経営者様はかなり大きい確率でヒトの悩みを抱えています。会社設立直後は、まずはどうやって売上を伸ばそう、資金繰りをどうしよう、そういった悩みが多いものですが、軌道に乗り従業員が増えるにつれ、新たにヒトに関する悩みが発生してきます。

  • 社会保険、社内規定などを整備したい
  • 残業代の計算方法が分からない
  • 問題社員がいて対応に困っている
  • パートの有給休暇はどう対応しよう 
    など

ヒトの専門家である私たちが悩みの課題を整理し、問題解決の最善策を導き出します。
その際、法律だけに囚われたアドバイスはしません。
コンプライアンスも大事ですが、経営者様の気持ちの部分も大切にし、会社に適したアドバイスを行います。

アウトソーシングによりコスト削減を実現できます。

社会保険・労働保険の複雑な事務手続きは弊社で代行させて頂きます。
ほとんどの手続きは電子申請で処理します。
また、ご要望に応じて、給与計算を承ることも可能です。

現在、経営者様ご自身で処理されている場合、私たちにお任せ頂ければ、本業に専念できる時間を作り出すことが可能です。

今後、新たに専属の担当者の配置した場合はそれ相応の人件費がかかりますが、私たちにお任せ頂ければその必要はなくなります。

既に専属の担当者がいる場合でも、難しい案件や見落としがちな処理も
専門家である私たちが、正確でスピーディーに対応させて頂きます。

もし、担当者に急な退職等があっても慌てることなく不変的な処理ができるため、貴社の事務負担を大幅に軽減することが可能です。
それにより作り出した時間は、売り上げを伸ばすための時間に充ててください。

的確なコンサルティングにより、会社組織を強くします。

私たちは労務管理・規程整備・リスクヘッジに強いと自負しています。
確かな経験に裏打ちされた実践的なコンサルティングを行います。また、法令改正に関する最新情報や労務管理全般に関する有益なノウハウを提供します。
それにより、労使間トラブルを未然に防ぎ、企業経営が円滑になります。

労務管理や就業規則等が整った後、助成金申請に向けたコンサルティングを行います。
費用対効果の観点から、ポイントを絞ったお得な助成金に限定しますが、それを活用・獲得することでコストを削減しつつ経営基盤の強化を図ります。

労使間トラブルの防止や助成金の活用・獲得には、適正な労務管理や就業規則等の運用が必須です。

※給与計算代行・助成金申請代行については、顧問契約の付加サービスとなります。
どちらも会社の保険加入や労務管理等の状況をきちんと把握していないとできない業務のため、スポット契約のお客様からは受託できません。